大根 作り方│大根.com

大根.com 日本の食卓に欠かせない食材の一つ。大根を使ったお料理やレシピなど。
サイト内コンテンツ

大根 作り方

「大根の作り方」といっても、大根にはさまざまな品種があり、特徴や育て方などにも違いがあります。
まずは、大根をよく知ってから、おいしい大根を作ってみてください。

一般によく出回っている品種は「青首だいこん」といって、葉の付け根のあたりが青くなっているものです。
辛みが少なく、生食にもむいている品種です。

「練馬だいこん」は、白首だいこんで、たくあんによく使われている大根です。

「三浦だいこん」は、真ん中が太くなっている、白首だいこんです。
きめ細かい肉質で、辛みは強いのですが、煮崩れしにくく、煮ると甘味が出るのが特徴です。

「聖護院だいこん」は、京都の伝統野菜で、カブのように丸い形が特徴です。
肉質が柔らかく、辛みや大根臭さが少なく、甘みがあり、煮物や田楽などに適しています。
水分が多いため、大根おろしには不向きです。

「桜島だいこん」は、平均30kgもある、世界最大級の大根です。
柔らかい肉質で、甘みも強く、煮物やお漬物に使われています。

「守口だいこん」は、長さ約2m、太さ約2cmの細長い大根で、その長さは世界最長の大根です。

「辛みだいこん」、辛みの強い大根の総称で、10~20cmほどの長さで、丸みのあるものが多いです。
大根おろしに、よく使われています。

大根は、皮に張りと艶があり、ずっしりと重みのあるものが良いと言われています。
葉がみずみずしい緑色で、ひげ根の穴が少なめのものが、いい大根の見分け方です。
栽培する大根の特徴をよく理解して、このようないい大根を作れるよう頑張ってみましょう。

大根 作り方について