大根 栽培│大根.com

大根.com 日本の食卓に欠かせない食材の一つ。大根を使ったお料理やレシピなど。
サイト内コンテンツ

大根 栽培

大根は、下に長く育つので、畑での栽培が適しています。
コンテナで栽培する場合は、なるべく深いコンテナを選び、ミニ大根や聖護院大根などを栽培するとよいでしょう。
大根の種には、春まきと秋まきのもがあり、春まきのものは4月上旬から5月上旬、秋まきのものは8月下旬から9月中旬に、季節にあった品種のものを選び、種まきをするようにしましょう。
種まきの時期を逃してしまうと、うまく育ちませんので注意が必要です。

初心者には、害虫の少ない秋まきのものがオススメです。
大根の栽培は、土を深く、丹念に耕すことがコツになります。
小石や土の塊などが混ざっていると、大根が曲がってしまったり、タコ足のようになってしまいます。
太さは2~3cmですが、長さが2~3mにもなる「守口だいこん」という品種ですと、さらに深いところまでていねいに耕さなければなりません。

順調に生育すれば、早生の品種では、55~60日、晩生の品種では90~100日で収穫できます。
収穫時期を逃すと、スが入ってしまいますので、注意が必要です。
スとは、小さな穴のことで、スが入ると水分が少なくなり、スカスカになってしまいます。
野菜栽培の楽しみは、新鮮なものを美味しく食べることでもあると思いますから、スが入ってしまう前に収穫して、美味しくいただきましょう。

大根 栽培について