牛すね肉 大根│大根.com

牛すね肉 大根.com 日本の食卓に欠かせない食材の一つ。お料理やレシピなどの情報サイトです。
牛すね肉 大根 サイト内コンテンツ

牛すね肉 大根

<焼き大根>(4人分)
材料:だいこん 1/2本、わけぎ 2本、ごま油 大さじ3、削り節 適量、黒胡椒(粗挽き) 適量、しょうゆ 適量
1、だいこんは2cm程の厚さで4枚の輪切りにし、皮をむいて、隠し包丁を1cm程入れます。
2、残りの大根は、大根おろしにします。
3、わけぎは、小口切りにします。
4、フライパンにごま油を軽く熱し、大根を並べて、フタをして弱火で4~5分焼きます。
5、こんがりとした焼き色が付いたら、裏返し、さらに3~4分焼き色がつくまで焼きます。
6、器に盛り、だいこんおろしとわけぎをのせ、黒胡椒をかけ、削り節をふり、しょうゆをかけて出来上がりです。

秋から冬の大根は、みずみずしく、煮物にぴったりです。牛すね肉 大根
夏の大根は、硬く、辛味も強いため、あまり煮るには適していないのです。
また、下の部分も辛味が強いので煮物には不向きで、中央部分が煮物に適しています。
下の部分も煮物に使いたい場合は、味の濃いものにするとよいでしょう。
大根の煮物を、上手に作るコツは、型くずれせず、よく味が染み込むように煮ることではないかと思うのですが、米のとぎ汁で下ゆでをすると、アクやえぐみ、苦味が取れ、柔らかく煮え、白くきれいに仕上がります。
米のとぎ汁がない場合は、少量のお米を一緒に鍋に入れて、下ゆでしても良いでしょう。
下ゆでした煮汁は捨てて、もう一度水から大根をゆでると米のヌカ臭さが取れます。
面取りをしたり隠し包丁を入れると、型くずれせず、味がよく染み込みます。
また皮は2~3mm程度の少し厚めにむくと口当たりが良くなりますが、皮のすぐ下にはビタミンCやビタミンPが多く含まれているので、用途やお好みに合わせて使い分けると良いでしょう。牛すね肉 大根

牛すね肉 大根について


ぶり 作り方 ぶりレシピ おろし 鶏肉 切り干し レシピ 夏 育て方 夏 鶏肉 煮物 種まき時期 料理 煮物 ブリ 牛すね肉 切干 作り方 サンゴかいわれ栽培 成田山おろし 切り干しの作り方 ブリ 種まき 時期 源助 いんげん 塩麹 漬物 発芽させる方法 くるくるおろし器 丸干し 辛み抜き 煮物 レシピ はちみつ 食べ方 二股 通販 ステーキ