煮物 大根│大根.com

大根.com 日本の食卓に欠かせない食材の一つ。大根を使ったお料理やレシピなど。
サイト内コンテンツ

煮物 大根

秋から冬の大根は、みずみずしく、煮物にぴったりです。
夏の大根は、硬く、辛味も強いため、あまり煮物にはむきません。
また、大根の下の部分も辛味が強いので煮物には不向きで、中央部分が煮物に適しています。
下の部分も煮物に使いたい場合は、味の濃い煮物にするとよいでしょう。
大根の煮物を、上手に作るコツは、型くずれせず、よく味が染み込むように煮ることではないかと思います。
大根を米のとぎ汁で下ゆでをすると、アクやえぐみ、苦味が取れ、柔らかく煮え、白くきれいに仕上がります。
米のとぎ汁がない場合は、少量のお米を一緒に鍋に入れて、下ゆでしても良いでしょう。
下ゆでした煮汁は捨てて、もう一度水から大根をゆでると米のヌカ臭さが取れます。
面取りをしたり隠し包丁を入れると、型くずれせず、味がよく染み込みます。
また、大根の皮は2~3mm程度の少し厚めにむくと口当たりが良くなりますが、皮のすぐ下にはビタミンCやビタミンPが多く含まれているので、用途やお好みに合わせて使い分けると良いでしょう。

<大根の煮物>(4人分)
材料:大根 20cm、米のとぎ汁 適量、出汁 3cup半、薄口しょうゆ 大さじ1、塩 小さじ1/2、みりん 小さじ1、削り節(追いがつお用) 適量、柚子の皮の千切り 適量
1、大根を5cm程の厚さの輪切りにし、皮を厚めにむき、面取りをし、隠し包丁を入れます。
2、大根を鍋に入れ、大根がかぶるくらいの米のとぎ汁で下ゆでをし、竹串がスーっと通るくらいの硬さにまでゆでます。
3、流水にさらし、大根を取り出して、鍋をきれいにしたら、再び大根と大根がかぶる程度の水をいれ、沸騰するまで火にかけ、沸騰したらまた流水にさらします。
4、鍋に、大根、出汁、薄口しょうゆ、塩、みりんをいれ、ガーゼで包んだ削り節をのせ(追いがつお)、落し蓋をして、弱めの中火で20~30分煮ます。
5、一度冷まして味を含ませて、食べる前に再び温め、器に盛り付けます。お好みで上に柚子の皮の千切りをのせると、見た目もきれいで香りも良くなります。

煮物 大根について